【2023年最新】太陽光発電4kwと蓄電池7kwの設置費用を公開!!

太陽光発電

いきなりですが、我が家では2023年5月に太陽光発電システムを導入しました。

導入するに至った背景としては2022年9月頃からの急激な電気料金の値上げによります。

原因としては、ウクライナとロシアの戦争や新型コロナウィルスに世界経済の停滞からの回復によるものなど様々な要因から、発電に必要な燃料価格の高騰によるものらしいです。

特に2022年12月と2023年の1月は目を疑うほどの電気料金でした(´;ω;`)

光熱費がこんなにも高くなるなんて(´;ω;`)

私の住んでいる地域では冬になると雪が降り、最低気温はマイナス10度近くにもなる北国です。

なので、もともと電気料金は高い時期になるのですが、例年だと2.5万円前後の電気料金だったのですが、初めて3.6万円と1万円近く高い電気料金でした。

それも、無理のない範囲での節電を心がけていたにもかかわらずです。

これでも世間からは安い方だったらしくて5~6万だったり、中には10万近くになった人もいるようです。

これらのこときっかけに我が家では太陽光発電を導入することを決めました。

皆様の中にも電気料金の高騰から太陽光発電をするか検討している人もいると思います。

もう、検討中の方は必ず業者一括見積できるサイトを利用してください。訪問販売の営業は高確率でボッタクてきます。

我が家(オール電化)での例になるのですが

どこの太陽光メーカーを付けたのか?

蓄電池は設置したのか?

工事費はいくらしたのか?

を公開してみますので是非参考にしてみてください。

    【我が家の基本情報】
  • 30代会社員、妻(パート勤務)と子ども(5歳)の3人家族
  • 積雪のある北国在住
  • オール電化
  • 太陽光パネル 4.27kw
  • 蓄電池 7.4kw
  • エアコンは主にリビングのみ使用(200v)
  • 風呂はほとんどシャワーのみ
  • 東北電力 オール電化向けプラン加入
  • 2023年5月末に太陽光システム設置。しかし、使用申請の関係から8月末から使用開始
おすすめの太陽光発電一括見積サイト

タイナビ:提携した業者を最大5社を紹介!依頼から打ち合わせまでスピーディーに進む。
ソーラーパートナーズ:太陽光見積もり№1の実績のあるサイト。独自の工事完了保証付き!
グリエネ:登録業者は450件以上と業界一!電話やメールで気軽に簡易見積もりも可能。


太陽光パネル 長州産業(CIC)「Bシリーズ」4.27kw

我が家で設置した太陽光パネルはこちらの長州産業(CIC)になります。

長州産業はあまり聞きなじみのないメーカーかもしれませんが、長州産業の単結晶シリコンパネルの性能は、じつは国内ナンバーワンの変換効率です

長州産業の太陽光発電パネルは信頼の国産で製造しています。

日本の大手太陽光パネルメーカーは、事業から撤退したり生産拠点を海外に移していったりするなかで、長州産業は家庭用太陽光発電システムのと家庭用蓄電池の製造を国内工場で続けています。

外国メーカーのパネルは価格は安いかもしれませんが、性能が悪かったり・保証が付かない等ありますから、国産メーカーの長州産業は安心できると思います。

やっぱり保証のことを考えると安心の国産メーカーだよね!保証は10~25年もあるよ

この長州産業のパネルは2023(令和5)年10月現在、長州産業が販売している家庭用太陽光パネルは、「Gシリーズ」・「Bシリーズ」・「ほっとパネル」の3種類があります。

「Gシリーズ」

Gシリーズは、「PREMIUMBLUE」(プレミアムブルー)とも呼ばれ、2017年(平成29年)から販売が開始された、長州産業の中で最も高性能な太陽光パネルです。このシリーズは、太陽光発電システム事業から撤退したパナソニックのHITと似た製造方法を採用しています。

HITは、2つの太陽電池の利点を組み合わせた太陽光パネルで、高い発電効率を持つ単結晶型太陽光パネルと、高温にも強いアモルファス(薄膜)シリコンを組み合わせています。単結晶型の太陽電池を使用するパネルは、夏季の表面温度が70℃から80℃に上昇すると発電効率が低下しますが、プレミアムブルーはHIT技術を採用しており、発電効率の低下が少ないため、年間を通じて一定の発電量を確保できます。

さらに、プレミアムブルーには長州産業独自の波長変換機能が搭載されており、紫外線を太陽光と同様に捉えることができるため、曇りの日でも発電量を確保することができます。

長州産業HP:https://cic-solar.jp/products/solar-system/#g_series

「Bシリーズ」

Bシリーズは、別名「JAPANBLACK」(ジャパンブラック)とも呼ばれ、2022(令和4)年に発売された最新の太陽光パネルです。

こちらが我が家で設置した太陽光パネルになります。

最新モデルで太陽光パネル業界でトップレベルの発電効率だよ!

JAPANBLACKの特徴は、その高い発電能力にあります。以前の主力モデルであったCS-260B61Sの太陽光パネルは、1枚あたりの公称最大出力が260Wでした。対照的に、新しくリリースされたJAPANBLACKは公称最大出力が340Wに達し、前モデルと比較して80Wもの発電能力が向上しました。

この高い出力を実現した背後には、ハーフカットセルとバスパーの増加があります。通常の太陽光パネルは、セルを製造する段階で1つのセルを作りますが、JAPANBLACKは1つのセルを半分に切って製造することで、セル内の電気抵抗が半減し、パネル内の温度上昇を抑えつつ発電能力を向上させることができました。

バスパーは、太陽光パネル内の電極を指します。従来の製品ではバスパーが5本しかなく、太陽光で生成された電力がバスパーに到達する際に電子が混雑する問題がありました。バスパーの本数を9本に増やすことで、電子の混雑が解消され、太陽光パネルの温度上昇が軽減され、それが発電能力の向上につながりました。

さらに、JAPANBLACKには、通常の太陽光パネルだけでなく、複雑な屋根にも多くの太陽光パネルを設置できるようにするための台形モジュールやハーフサイズの太陽光パネルが用意されており、これらを組み合わせて使用することで、発電量を確保できます。

長州産業HP:https://cic-solar.jp/products/solar-system/#g_series

「ほっとパネル」

「ほっとパネル」とは、雪が積もる地域向けに設計された太陽光パネルのことを指します。

ほっとパネルには、太陽光パネルの下に電熱線が敷設されており、これによって雪の積もりやすい条件下でも雪による被害や雪の除雪作業の手間、体力への負担を軽減できます。さらに、雪の重みに耐えられるように、高強度の強化ガラスが使用されています。

積雪地域向けの太陽光パネルを提供しているのは、長州産業だけです。

長州産業HP:https://cic-solar.jp/products/solar-system/#g_series

おすすめの太陽光発電一括見積サイト

タイナビ:提携した業者を最大5社を紹介!依頼から打ち合わせまでスピーディーに進む。
ソーラーパートナーズ:太陽光見積もり№1の実績のあるサイト。独自の工事完了保証付き!
グリエネ:登録業者は450件以上と業界一!電話やメールで気軽に簡易見積もりも可能。


蓄電池 ニチコン トライブリッド蓄電システム(全負荷)7.4kw

我が家では導入するか悩みましたが、こちらのnichiconの蓄電池システムを導入しました。

ニチコンは、家庭用蓄電池の販売台数で業界トップの地位にあります。

この企業は、東証一部上場のコンデンサ製造企業で、2012年には世界初のV2Hシステムを市場に投入しました。

ニチコンの蓄電池は、最初は2016年ごろに京セラのブランド名で販売されていたため、それほど広く知られていませんでした。

しかし、最近では「ニチコン蓄電池」として市場に登場し、その認知度が着実に広がっています。

ブランドの認知度はまだ低いかもしれませんが、この企業は間違いなく蓄電池市場でのトップシェアを誇っています。

蓄電池も安心の国産メーカーにしたよ。保証も15年あるよ。

ニチコンでは様々な蓄電池を販売していますが、皆様は蓄電池に「特定負荷」と「全負荷」とあるのをご存じでしょうか?まずは、簡単にこれらの違いを説明いたします。

特定負荷

あらかじめ指定した特定エリアの電力を利用することができます。

商品によって異なりますが、15~20Aまでの回路を選択できます。

この範囲は、電気ブレーカー内の1~2回路に相当します。従って、停電時には冷蔵庫のコンセントやリビングのテレビなど、必要な最低限の回路だけを使用することができます。

つまり停電時は一部の電源しか使えないということです。200vで作動するエコキュートやIHクッキングヒーターなどは使えなくなります。

全負荷

電気の契約内容によりますが、通常は60Aまたは10kVA相当まで、すべての部屋で電力を利用できる設定が一般的です。

ほとんどの家庭が60Aまたは10kVAといった契約を持っており、そのため家全体の照明やコンセントは通常通りに使用できると言えます。

つまり、上記の「特定負荷」と違い200vで作動するエコキュートやIHクッキングヒーターなども使えるようになります。

一部の部屋しか電気が使えなくなるのが「特定負荷」で、家中の電気が使えるのが「全負荷」なのか。

我が家では、エコキュートとIHクッキングヒーター・リビングのエアコンが200vでの使用になります。停電時に使いたいためというよりかは、普段の節電を目的として「全負荷」タイプを採用しました。

これにより、日中に発電した電気を蓄電池に充電し、夜になり発電しなくなった時間帯に家中の電気を蓄電池でまかなうことができるようになります。

また、曇りや雨などで十分に発電せず充電できなかった場合でも、電気料金の安い深夜電力で充電し、日中に使用することで電気料金の高い時間帯の電気を買わずに済みます。

もちろん、停電時にも気にすることなく家中の電気を使うことができます。

しかし、導入することにより太陽光パネルのみの設置工事と比べると100万円近く工事費が変わるので、ご家庭にライフスタイルと予算に合わせて検討することをお勧めします。

いろいろな人のブログを見ているとコスト面で蓄電池を付けない人が多いみたい。だけど、最近災害(特に大雨による水害)が多い気がするから、災害対策も兼ねて設置したよ。

ちなみに、太陽光パネルで発電した電気の使用や売電・蓄電池への充放電・電力からの買電などを制御する「パワーコンディショナー」という機器を設置する必要があるのですが、こちらもニチコンの製品を導入しました。

おすすめの太陽光発電一括見積サイト

タイナビ:提携した業者を最大5社を紹介!依頼から打ち合わせまでスピーディーに進む。
ソーラーパートナーズ:太陽光見積もり№1の実績のあるサイト。独自の工事完了保証付き!
グリエネ:登録業者は450件以上と業界一!電話やメールで気軽に簡易見積もりも可能。


太陽光発電見積もり表

以上のことをまとめると我が家ではこのような見積もりとなりました。

品名仕様数量 単価  金額 
太陽光パネル(長州産業)BシリーズCS-340B816枚 202,300  1,213,800 
CS-223B8110枚 132,700  1,327,000 
架台1式 226,500 
配線部材1式 25,800 
システム一式 405,454 
トライブリッド蓄電システム7.4kwESS-T3M11式 3,100,000 
トライブリッドT3用分電盤ES-B7A1式 250,000 
配線部材1式 64,000 
工事費 220,000 
合計 6,832,554 
値引き -4,582,554 
値引き後の金額 2,250,000 
  • 太陽光パネル 長州産業 4.27kw
  • 蓄電池 nichicon トライブリッド 6kw

工事費全体からの値引きなので、太陽光パネルや蓄電池の相場から工事費が高いか安いかが判断しずらいかもしれません。

しかし、ハーフサイズのパネルが多かったせいか相場より少し割高かと思われます。しかし、極端には高いわけでないと思ったので納得しています。

もし、屋根が大きくければハーフサイズのパネルの使用が少なかったと思われるので、もっと安くなったかもしれません。

蓄電池は高かったけど、仮にコストを回収することが出来なかったとしても、工事費まるまる損することはないし、もしもの時の安心感を得られるなら多少損してでも意味はあると考えたよ。

蓄電池を付けなかった場合は100万円安い見積もりとなりましたので、蓄電池を不要と考える方はコストの回収が早まって良いかと思いますので、検討ください。

我が家の場合は災害対策(特に最近は全国的に大雨による水害が増えている気がする)も兼ねて導入しました。

それと工事は2023年5月末に終わったのですが、その後の国と電力への申請書類の許可の関係で、2023年8月末までの約3か月間は太陽光パネルの使用許可が下りず

太陽光で発電した電気を使用することも、売電することもできませんでした。

ほんとにお役人たちはこうも仕事が遅いのか💢せめて発電した電気の自家消費はさせてくれてもいいじゃない!

しかし、蓄電池は使用できたのでその間は、電力単価の安い深夜電力で蓄電池に充電して日中に使用し、電力単価の高い日中の電力を使用せずに済みました。

なので、導入するタイミングも施工会社と相談してください。

おすすめの太陽光発電一括見積サイト

タイナビ:提携した業者を最大5社を紹介!依頼から打ち合わせまでスピーディーに進む。
ソーラーパートナーズ:太陽光見積もり№1の実績のあるサイト。独自の工事完了保証付き!
グリエネ:登録業者は450件以上と業界一!電話やメールで気軽に簡易見積もりも可能。

年間発電量シュミレーション

太陽光パネルの長州産業から、自宅の住所の気象情報をもとに年間の発電シュミレーションを算出してもらいました。

長州産業 4.27w 年間推定発電量

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月合計
発電量327㎾379㎾507㎾530㎾542㎾488㎾459㎾447㎾394㎾402㎾305㎾276㎾5058

春に発電量が多く、秋と冬に発電量が少なる傾向になります。以外にも発電量のピークが夏に来ないようです。

これは、夏は太陽光パネルの表面が高温になりすぎると発電効率が悪くなるかららしいです。

太陽光パネルの発電効率は25度で最大になり、それより1度上昇する毎に0.5%発電量が低下していくと言われています。すなわち真夏は最大時に比べ、なんと30%近く発電量が低下している可能性があるのです。

太陽光発電のヒラソルより引用

今後、発信していく予定の収支報告ではこの発電シュミレーションと実際の発電量を比較してみたいと思いますのでぜひ確認しに見に来てください。

最後に

ここまで閲覧してくださりありがとうございます。

きっと「よその太陽光のことなんかしらねぇよ!」と思われたでしょう

この記事を書いている時点ではまだ導入して間もないので、データがたまってないので良かったかどうかは分かりませんが、今のところ電力の自給自足ができている日などありますので、いい結果になるのではないかと期待しております。

随時、運用データを発信していきたいと思っていますので、興味のある方は当ブログをぜひ見に来てください。

注意していただきたいのがご検討の方は間違っても

訪問販売での営業とは契約しないでください!必ずと言っていいほどボッタクられます。

ぜひ複数の業者一括見積できるサイトを利用することをお勧めします。(私はタイナビというサイトを利用しました)

おすすめの太陽光発電一括見積サイト

タイナビ:提携した業者を最大5社を紹介!依頼から打ち合わせまでスピーディーに進む。
ソーラーパートナーズ:太陽光見積もり№1の実績のあるサイト。独自の工事完了保証付き!
グリエネ:登録業者は450件以上と業界一!電話やメールで気軽に簡易見積もりも可能。

実際私も訪問販売の営業から見積もりを取ってもらったことがあるのですが、倍近い値段を請求されました。

今設置したパネルより容量も少ないのにもかかわらずです。

皆さんも訪問販売の営業には気を付けてください。

それでは

へばな~(@^^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました