【実例】ガチで使えるおすすめの刈払い機とチップソー!

仕事

農家の方や林業の方は毎年の春から夏にかけて悩まされるのものの一つが草刈りだと思います

新しく刈払い機を購入する際どんな刈払い機と刃を買えばいいか悩むことはありませんか?

自身の勤める会社でも

どのくらいのパワーや軽さの刈払い機を購入すればいいのか

よく切れて切れ味が長持ちする刃はないのか

といろいろ購入して試した結果コストパフォーマンスに優れた刈払い機と刃を見つけたので紹介いたします

農家や林業の方のみならず個人で庭や畑などと持っている方にも必見の情報となると思いますので

ぜひ参考にしてみてください

新ダイワ 肩掛け式刈払い機 RM3025-2TD [22.8cc]

Softスタート機能

エンジンスターターは重いとおとしがけ(本体を落としながらスターターロープを引く方法)といった危ない方法でエンジンをかけてしまいがちです

この「おとしがけ」はスターターのロープを痛める原因やエンジンがかかった弾みに

キックバック(高速回転する刃が根株などで弾かれたり引っ張られたりする現象)等を起こして

大けがの元となることがあります

ですがこのモデルはエンジンスターターのロープを力を入れることなく軽々と引きエンジンをかけることができるsoftスタート機能が付いています

なので疲れているときや力のない方でも楽々エンジンを始動できるのでストレスがありません

中低速域での粘り強いトルク

私の会社では山林の草刈りだけでなく伐採の下刈りも行います

本来なら刈払い機を使い分けるのベストですがそうするとコストがかかります

なので草刈りと下刈り両方の作業ができる刈払い機が必要となります

そうなると刈払い機に求めるものの一つとしてパワーのバランスです

パワーが弱すぎると細い雑木などを切ることができないし

パワーが強すぎると草刈りの時には持て余してしまいます

ですがこのモデルは草刈り・下刈りどちらで使用してもちょうどいいパワーなのです

パワーのバランスって大事だよね

しかも地面を掘ってしまった時などで刃が停止してもそこからの立ち上げがとても速いです

そしてそこからの中低速域でのトルクが高く粘り強い回転をします

これにより効率よく刈払いができるので颯爽と作業がはかどることでしょう!

軽量で高強度のボディ

重要部品の操作桿にはジェラルミンを採用しています

ジェラルミンとはアルミニウム合金の一種で航空機やロケットの部品にも

使われるような軽量で強い素材のことを言います

軽くて強いジュラルミン!

刈払い作業では木の根やプラスチック杭などに刃が当たりキックバックした際の衝撃や

操作桿自体が木や石などにあたり操作桿はかなりのダメージを負います

操作桿は刈払い機の中で最も負荷のかかる部品といっても過言ではありません

だからと言って鋼鉄製にすると重量が増し作業性に響きます

ですがこのモデルは操作桿の素材に軽量で高強度のジュラルミンを採用しているので

とても軽く振りやすいので作業面でも体力面でもとても有利になります

高品質なエンジンと高寿命な部品

私の会社にはこういった機械関係に詳しい人はおりません

なのでメンテンナンスといってもシーズンオフにはガソリンを抜くくらいしかしていません

本来ならエンジンのオーバーホールや各部品へのグリスアップや清掃などを行うべきなんでしょうが

バラシて戻せなくなったらどうしよう(´;ω;`)

となり全くと言っていいほどメンテナンスを行いません!

威張れることじゃないでしょ

ですがそんなズボラでも購入から7~8年たっても故障したことがありません!

これは高品質なエンジンと部品を使用しているからにほかなりません

たとえ不具合が発生しても、ホームユーザー(家庭使用)の方は5年

プロフェッショナルユーザー(企業)2年

といった製品保証もついているので安心して購入できます

感想

以上のように草刈りにも伐採の下刈りにも使えるちょうどいい刈払い機はこの

となります

このモデル一台あれば複数の刈払い機を購入して使い分けるといったことをしなくてよくなります

故障も少なくもしもの時は保証もついているのでコストパフォーマンスに優れたモデルです

どんな刈払い機を購入したらいいか悩んでいる方はこのモデルを購入すれば間違いなしです!

山善 とにかく石に強い 刈払い機用チップソー

ついに

ついに見つけました

コスパと切れ味が抜群の理想のチップソーを!

ちょっと大袈裟でした

刈払いの作業上さけて通れないのが石や土による切れ味の低下です

刈払いをしているとどうしても草に隠れて石を切ってしまったり

大きな段差で土を掘ってしまったりしてしまいます

そうするとあっという間に刃が切れなくなります

柔らかい草などは何とか切れますが硬い草や笹などは途端に切れなくなります

切れ味が悪くなると刈払いもはかどりませんし、エンジンをふかしてカバーしようとするので

燃料もムダに消費しますし、振動も大きくなるので疲労も溜まりやすくなります

だからと言って頻繁に刃の交換をしていてはコスパが悪いです

しまいには先輩たちからは

何回刃を変えるんだよ!このヘタクソ!

と罵られてしまします(普段は優しんですよ)

草に隠れた石なんて見えないから仕方ないじゃん

なので自身の会社ではいろいろなチップソーを購入してみました

1枚で5000円近くする高いものや2枚セットで1000円くらいの安いもの等

どれがコスパがいいの何種類も試していました

そこで最もコスパの優れているされるチップソーが

それがこの山善 とにかく石に強い 刈払い機用チップソー となります!

商品のタイトル通り石にめちゃくちゃ強いです

荒れ地の山道を数キロメートル近く刈払いしても切れ味が全く落ちません!

硬い草や笹もスパスパと切れ、細い雑木も問題なく刈払えます

今までこれほど切れ味が長持ちしたチップソーはありませんでした

少し高いかもだけど長持ちするから結果お得になるよ

2000円ちょっとと少し高いかもしれませんが絶対に後悔しません

仕事で一か月近く毎日荒れ地や山間部を、数百メートル以上使用したけど、黒色塗装は取れて刃も少し丸くなったけど、まだまだ切れるよ!

畑や田んぼの畔(周りのふち)・自宅の庭などに刈払い機を使う方は一度購入すれば

しばらくは刃の交換をしなくてもいいかもしれません

もうホームセンターでどれを買おうか悩む必要がなくなりますよ

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回の記事は一部の業界の人しかわからないニッチな内容だったかもしれません

たとえ少数でも刈払い機の購入で悩んでいる方の力になれればと思います

お盆のあたりなどは個人の方も草刈りをする人が増えますので怪我の無いよう作業してください

へばな~(@^^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました