【2023年11月】我が家の太陽光発電システム収支報告!!

太陽光発電

我が家では太陽光発電システムを2023年8月25日から使用を開始しました。

8月は使用開始してから5日ほどしかないので省略し、9月から収支を記録し約3か月が経過しました。

今年の11月の気温は平年より高く夏日を記録するような暖かい日もありましたが、下旬には雪が降るなど、寒暖差の激しい月となりました。

早速ですが、我が家の太陽光発電の収支結果はというと

収支発表

買電電力料金-売電電力料金=実質電力料金
8029円 ー1424円 =6605円

となり、10月の収支(-1530円)と大きく異なる結果となりました。

太陽光発電を設置する前の2022年11月の電気料金は16434円だったので比較すると

太陽光発電システム設置前との比較

太陽光発電設置前-太陽光発電設置後=差額
16434円 -6605円  =-9829円

となっており、太陽光発電を設置する前と比べて実質電気料金は1万円安く

これは10月の収支-10069円とあまり差がない結果となりました。

冬に入り電気料金の高くなる季節になりましたが、蓄電池の使用により昼間の買電が少ないため

蓄電池による節約の効果は大きく発揮することになりました。

ここからは、このような収支結果となった詳しい内訳を紹介したいと思います。

10月の太陽光発電の収支情報はこちらになります↓

太陽光発電の設置を迷っている方は、我が家での事例となりますがぜひ参考にしてみてください。

もし、もう太陽光発電を検討している方は必ず「太陽光発電無料一括見積サイト」をご利用ください。

見積依頼のみであれば無料で利用できます。しかし、1つのサイトだけ登録すると地方によっては紹介される業者の数が少ないかもしれません。

なので、なるべく多くの業者と比較するために3つのサイトに登録する方がいいと思います。

(ちなみに私はこの中のタイナビという太陽光発電一括見積サイトで紹介された業者と契約しました)

おすすめの太陽光発電無料一括見積サイト

タイナビ:提携した業者を最大5社を紹介!依頼から打ち合わせまでスピーディーに進む。
ソーラーパートナーズ:太陽光見積もり№1の実績のあるサイト。独自の工事完了保証付き!
グリエネ:登録業者は450件以上と業界一!電話やメールで気軽に簡易見積もりも可能。

我が家の太陽光発電の設備容量・基本情報

当ブログを始めてご覧になる方もいらっしゃると思いますので、まずは我が家の太陽光発電の設備容量と家族構成や電力の使用環境などを、紹介したいと思います。

最初に太陽光発電の設備容量と工事金額を紹介します↓

太陽光発電の設備情報

・太陽光パネル 長州産業Bシリーズ 4.27kw
・蓄電池 Nichicon 全負荷タイプ  7.4kw

・合計工事金額 225万円

詳しい見積もり内容は過去の記事をご覧ください↓

コスト面からあまり設置する方が少ないように感じる「蓄電池」を太陽光パネルと一緒に設置しています。

蓄電池を設置したことにより、太陽光パネルのみの見積もりから100万円工事費が増加してしましました。

しかし、近年では災害(特に大雨による水害)が増加しているように個人的には感じているおり、まだ小さな子供もいるので安心して生活が出来るようにと災害対策として蓄電池を設置しました。

そのおかげで、今では停電を心配することはありません!太陽光発電で充電すれば電気代の節約にもなります。(現在は売電するより自家消費した方がお得なため)

次は私の家族構成・生活スタイルと大まかな電力の使用環境です↓

・30代の夫(会社員)と妻(パート)・未就学児の子供1人の3人家族
・平日の日中は全員外出している
・12~4月頃は積雪のある東北の田舎に在住
・オール電化住宅
・リビングにエアコン(200v)あり。
・1~3月は石油ストーブを使用する(外気温が-○℃になるとエアコンが霜取り運転で止まるため)
・給湯器はエコキュート(太陽光発電システムを設置してからは、日中に沸かしている)
・東北電力 オール電化向けの電力料金プラン

となっています。

どこにでもいるような普通の家庭だと思ます。

オール電化住宅で一番電力を消費する機器は給湯器の「エコキュート」だと思います。

我が家では、今まで料金単価の安い夜間の電力でエコキュートを稼働させていましたが、2023年11月現在では夜間電力よりも売電電力の方が安いので、昼間にエコキュートを稼働させています。

エコキュートのリモコンから「時刻の設定」を調整すればお湯を沸かす時間帯を昼間にずらすことが出来ます。(我が家では6時間遅く設定しています)

太陽光発電を設置した際はぜひ試してみてください。

おすすめの太陽光発電無料一括見積サイト

タイナビ:提携した業者を最大5社を紹介!依頼から打ち合わせまでスピーディーに進む。
ソーラーパートナーズ:太陽光見積もり№1の実績のあるサイト。独自の工事完了保証付き!
グリエネ:登録業者は450件以上と業界一!電話やメールで気軽に簡易見積もりも可能。

収支情報

それでは、いよいよ我が家の太陽光発電の収支情報を報告したいと思います。

私なりに、グラフや表を使って情報をまとめましたのでぜひご覧ください!

太陽光発電電力の使用状況の内訳

こちらのデータは11月1日~11月30日のデータとなっております。

10月(10/1~10/31)
 発電量 316.15㎾
 消費電力量   178.64㎾
 蓄電量 71.76㎾
 売電量 65.74㎾
 買電量 330.14㎾

分かりやすく、ざっくりとまとめると

  • 自家消費した電力(消費電力+蓄電)=約40%
  • 売電した電力(発電-自家消費電力)=約10%
  • 買った電力(十分に発電・蓄電できなかった時)=約50%

となっております。

発電量は10月(523.48kw)と比べ-207.33kw少なくなりました

日照時間が短くなったのに加え、下旬には積雪があり太陽光パネルを覆ってしまったのが原因かと思われます。

夜間に蓄電池への充電のために買電力量も増えているのも今月の特徴です。

※買電電力量は昼間・夜間を合計した電力量となります

発電量のシュミレーションとの比較

メーカーからの発電シュミレーションと実際の発電量との比較はこちらになります。

シュミレーションの発電量の値実際の発電量の値
305kw316.15kw+11.15kw

と実際の発電量の方が11.15kwと少しだけ多い結果となりました!

9月からずっとシュミレーションの値より多く発電しています。

11月の電力料金の内訳

電力料金は、10月26日~11月27日の検針となっており、上記の太陽光発電電力の使用状況の内訳のデータとズレがありますが、日単位での比較が難しいため電力料金請求月で比較したいと思います。

それでは「2023年11月の電力料金の内訳」はこちらになります。

基本料金 +1667円60銭
昼間電力料金(単価35円60銭)電力量 ~70kwh +2492円00銭
昼間電力料金(単価45円23銭)電力量 3kwh~+135円69銭
夜間電力料金(単価28円48銭)電力量 219kwh+6237円12銭
燃料費等調整額(単価-9円97銭)-2911円24銭
再エネ発電促進課賦課金(単価1円40銭)+408円
合計請求金額+8029円
売電電気料金(単価16円)  電力量 89kwh1424円
実質の電力料金(請求額-売電料金)+6605円

となりました。

10月の実質電気料金(+1530円)と比べて大きく異なる結果となりました。

11月になると暖房も常時使用することとなり、日照時間も短くなり発電量もかなり少なりました。

また太陽光パネルへの積雪により雪に覆われてしまい、日が出ているのにもかかわらず発電しないこともあったことが原因です。

しかし、夜間電力で蓄電池に充電することで高単価の昼間電力の買電は少なく済んでいます。

蓄電池は太陽光での発電が少ない期間でも節約に大いに活躍してくれています。

大雪や吹雪により停電も起こる季節でもあるので一石二鳥です。

真冬の停電の辛さは3.11の地震で経験済みなので蓄電池があることで安心して暮らせます。

太陽光発電設置前との電気料金の比較

太陽光発電を設置する前の2022年11月と比較してみようと思います。

設置前(2022年11月)設置後(2023年11月)
電力使用量(昼間)200kwh73kwh
電力使用量(夜間)367kwh219kwh
売電料金0円-1424円
電気料金+16434円+8029円
実質電気料金+16434円+6605円
差額-9829円

となり、10月の時と同様に1万円近く電気料金の節約が出来たことになります。

おすすめの太陽光発電無料一括見積サイト

タイナビ:提携した業者を最大5社を紹介!依頼から打ち合わせまでスピーディーに進む。
ソーラーパートナーズ:太陽光見積もり№1の実績のあるサイト。独自の工事完了保証付き!
グリエネ:登録業者は450件以上と業界一!電話やメールで気軽に簡易見積もりも可能。

まとめ

ここまで閲覧ありがとうございました。

今回で3か月目の太陽光発電の収支結果でしたが、1万円近く節約できたので引き続き順調に運用できています。

冬に入り雪も降るようになってからは、太陽光パネルでの発電はかなり少なくなりました。

しかし、蓄電池をフルに活用することにより昼間電力はあまり買電していません!

エコキュートも日中に稼働させているにも関わらずです。

節約にもなるし寒い冬に停電して暖房等が使えなくなる心配もありません。

導入コストが増えますがそれ以上の安心が手に入るので、積雪のある地域で太陽光システムを導入する際は蓄電池も付けた方がいいと思いました。

今後も毎月の我が家の太陽光発電の収支報告をしたいと思いますので、興味のある方はまた見に来てください。

太陽光発電を設置を検討している方は、無料で利用できる太陽光発電無料一括見積サイトをご利用ください。見積もりのみであればどれも無料で利用できるサイトです。

決して訪問販売の営業マンとは契約してはだめですよ。必ずボッタクってきます

では

へばな~(@^^)/~~~

おすすめの太陽光発電無料一括見積サイト

タイナビ:提携した業者を最大5社を紹介!依頼から打ち合わせまでスピーディーに進む。
ソーラーパートナーズ:太陽光見積もり№1の実績のあるサイト。独自の工事完了保証付き!
グリエネ:登録業者は450件以上と業界一!電話やメールで気軽に簡易見積もりも可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました